おまとめローンの特徴とは

今すぐおまとめローン

公式サイトもあります

おまとめローン

おまとめローンという言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。 その一方で、では実際に「おまとめローンが具体的にどのようなものなのか」を説明しようとすると、難しいことも多そうです。

おまとめローンとは、複数のローンをひとつにまとめるローンのことです。 ローンを利用するうちに、様々な会社で様々なローンを組んでいる、という状況になってしまう場合があります。 もちろん、それぞれのローンについてきちんと返済していけば、それで何の問題もないわけですが、ローンというのは複雑なところも多い金融商品です。 自分がどこの金融機関のローンを利用しているのかで、金利も大きく異なります。 もちろん借入金額もそれぞれのローンで異なっているでしょうし、残りのローン残高がいくらなのか、あとどれくらい払い続けることになるのかについても、もちろん異なります。 さらに、返済方法や、返済期日もローン商品によって違っているので注意が必要です。 それぞれの金融機関で決められている方法にのっとって、毎月きちんと返済していかなくてはいけません。 それが一つだけならまだしも、複数ともなると、「自分の借金なのに、すべてを把握できない」なんてことにもなってしまいかねません。

こうした悩みを解決してくれるのが、「おまとめローン」です。特に銀行でおまとめ可能なのは三井住友銀行カードローンです。 おまとめローンの利用とは、ある金融機関から、自分の借入金額すべてを一度借りてしまう方法です。 それを使って複数の金融機関のローンを完済することになります。 こうすることで、借入先を一つの金融機関に絞り込むことが可能になります。

これによって、面倒な返済作業を軽減することができます。 毎月何日がどこの会社で、次がどこの会社・・なんて管理をする必要がなくなるのです。 自分の借金がどれくらいあり、あとどれくらいの期間で返済できる見込みなのか、などの情報もチェックしやすいでしょう。 さらに、資金繰りに困って、高金利のローンを利用していた場合には、低金利のローンへの乗換となるケースもあります。 この場合、金利が減ることになり、毎月の返済額を減らすことができたり、返済期間を短くすることも可能となるでしょう。 もちろんこれは、それぞれのローン利用状況によって変わってくることなのですが、 もし複数の金融機関のローンを利用しているような場合には、一度おまとめローンの利用を検討してみるというのも、賢い選択だと言えるでしょう。

おまとめローンは複数の業者をまとめて利息の節約が可能

欲しいものが高額な場合や、生活のために資金が必要なときには消費者金融が行っているカードローンを使うことで、簡単な手続きだけで融資を受けることができます。

世の中には数多くの金融業者がありますので、1社からの融資金額だけでは足りないときには、複数の業者から借り入れを受けている人もいるでしょう。 消費者金融のカードローンを利用して借り入れをしたときには、返済の際に利息の支払いが必要になりますので、 何社かからの融資を受けているときには利息の支払い金額が大きくなります。

利息の支払いを節約することや、返済計画を立て直すためにはおまとめローンを使うことがおすすめです。 おまとめローンであれば、複数の会社から借り入れをしている債務を1社にまとめることができますし、 低金利での融資を行っているところから借り入れをすれば、支払い金額を減らせるメリットがあります。

人気のあるカードローンサービスを提供している会社として、新生銀行グループのレイクがあります。 レイクからの借り入れは年収3分の1までしか融資が受けられない総量規制の適用を受けないために、おまとめローンとして利用することができます。 レイクではアルバイトや主婦、年金受給者など様々な職種の人が借り入れが可能で、年齢が20歳以上から70歳以下の方が借り入れできるので便利です。

おまとめローンで限度額を引き上げる増額申請の方法とは

おまとめローンの便利な機能の一つに、利用することが出来る限度額が設定され、その額を超えなければ、その金額まで利用することが出来るとするものです。最初に一括でその金額を借りても良いし、徐々にその金額に至るまで借りても良く、使い方は利用者自身のニーズに合った形で行なえます。

利用していく中で、もっと借り入れをしたいといった需要が起こる場合があります。その場合のおまとめローンでは、限度額の増額申請を行なうことが出来るとする金融機関も多いです。

ただおまとめローンの増額申請も新規の申込みと同じ様に審査があります。
そのため、審査に通過しない限り、それに応じてくれることはありません。

おまとめローンの審査では、必要となる書類は収入証明書です。それと半年以上の取引実績があることです。 取引実績が長ければ長いほど良く、しかも過去に延滞をしていなければ、大抵は増額される金額によって審査に通過する流れとなります。ただ他社に新規にローンの申込みを行なったり、ローン契約を結んだりした事情があり、借入金額と借入件数がある場合には、審査に通過しないケースも多いです。

よって増額申請をしても、簡単には限度額の引き上げに応じてくれないケースもあるので、
注意を行なう必要があります。

おまとめローンのお得な実質年率を有効活用する

おまとめローンの大きな魅力は、通常のキャッシングやカードローンと比較して、お得な実質年率に設定してあることです。 つまり、複数のキャッシングやカードローンをおまとめローンにすることによって、毎月の返済金額が減ることになります。

更に、おまとめローンは、返済回数を長めで設定できること及び「返済するだけ」なので、毎月の返済金額を確実に減らすことが可能です。 即ち、無理の無い計画的な返済を毎月実施できるため、経済的な余裕が生まれやすいことが大きな魅力なのです。 このことは、精神的な余裕が生まれることをも意味します。

そして、おまとめローンのお得な実質年率を有効活用した場合には、無理の無い計画的な返済をすることにより、 ボーナス等の時に多めに支払う事も可能なため、返済すべき金額が減る事を実感できる=完済という目標を実感できるということも大きな特徴です。

現在のキャッシングやカードローンは、WEB審査やWEB申込で気軽に利用できるメリットがある反面、 使い始めると金銭感覚が少しマヒしてしまうことが大きなデメリットです。 そのような時こそ、おまとめローンのお得な実質年率を有効活用して、無理の無い計画的な返済を継続して、 早めに完済という目標を達成するべきです。

おまとめローンはカード会社のリスクを減らせます

あなたはおまとめローンをご存じですか。たくさんの金融会社から借りたお金を、
名前の通りまとめて返済できる便利なサービスです。

返済日時を忘れてしまうことも、どこにどれだけ返したか分からなくなる心配もありません。
おまとめローンは一括にするだけではなく、カード会社のリスクを減らすことができます。
たくさんの企業から借りてしまって、膨大な金利に苦しめられている人には
おまとめローンはとても魅力的と言えるでしょう。

安い金利で貸し出している所を調べて、そこに申し込むだけで誰でも簡単に利用できます。
たとえブラックリストに載せられていたとしても全く問題ありません。
無職や安定した収入のない主婦でも、簡単なアンケートや問診に答えるだけで審査に通ったと言われています。

しかも、それに要した時間はたったの半日です。
混み合っていないときはもっと早く利用開始出来るでしょう。
おまとめローンを利用するときには、カード会社についてきちんと調べておきましょう。

今や全国に普及しているインターネットで口コミを調べておくといいです。
たとえ金利が安くても、条件によっては返済が大変になってしまうケースもあります。
返済期間もしっかりチェックしておきましょう。

おまとめローンの申込の必要書類と身分証明書

複数の借金がある場合は、それをひとつにまとめることでより返済を楽にすることもできます。
今のままでは返済が厳しい、少しでも楽に返済したいという場合はおまとめローンの利用も検討してみましょう。
おまとめローンを利用するにはまずは手続きを行う必要がありますので
申し込む前はしっかりと用意を行っておきましょう。

必要書類が1枚でも欠けていると順調な手続きを行うのは難しくなってしまいますので、
どんな書類が必要なのかをよく確認し、手続き時にはすべて揃えておきましょう。

おまとめローンを利用するには、本人であることを確認する必要がありますので、まずは身分証明書が必要です。
運転免許証があればそれを用意すると良いですし、
ない場合はパスポート、健康保険証などのいずれかの書類を用意しておきましょう。

さらにおまとめローンの場合は借入れ金額も大きくなりますので
安定した収入があることを証明することができる収入証明書の提出が必要なことも多くなっています。

そして現在の借金の総額がわかる書類も必要ですので、こうした書類も用意しておきましょう。
金融機関によって提出が必要な書類には違いがありますので、
公式サイトや電話などで確認し、漏れのないよう用意しましょう。

利子による支払いを減らすならおまとめローンが良い

どうしても多くの資金が必要なときには、いくつかの消費者金融のカードローンを使うことで資金の調達を行う人もいるでしょう。 消費者金融のカードローンを利用して融資を受けると、それぞれの業者ごとに利子の支払いが必要になります。

そのために複数の金融業者から融資を受けていると、多くの利子の支払いが必要になってきますので最終的な返済金額として考えたときに、 総額の支払いが多くなると言えます。 借り入れを行っている融資先の金利が高いと感じるときには、利息の安い融資先に1本化することで全体の支払い金額を減らすことができます。

利子による支払い金額を減らす目的として、おまとめローンを利用するときには、新生銀行のレイクがおすすめです。 レイクでは低金利での融資が行われていますし、銀行系のカードローンということで総量規制の適用を受けないためにおまとめローンとして利用が可能です。

借り入れの限度額は最大500万円までの設定ですので、多くの融資先から多額の債務を抱えている人がおまとめローンとして借り入れするのに最適と言えます。 レイクの申込みはインターネット経由で行えますし、審査のスピードが速いために即日融資にも対応してくれるので便利です。

電話確認なしのおまとめローンは家族にばれないので借りやすい

家族におまとめローンの利用を知られたくないなら、電話確認なしのローンが借りやすいです。
自宅への連絡はほとんどの業者が行っていますが、一部業者ではWeb上の確認だけで終了しています。
身分証明、収入証明などはコピーしてWebやメールで送信することができます。

ローンというのは契約時点で、意外と家族にばれやすいのです。
自宅に審査内容チェック、本審査手続きの説明などに関する電話がかかってくると、
それを聞いていた家族がローン契約をしたと察することがあります。
電話確認なしのおまとめローンなら、ばれる可能性は非常に低くなります。

おまとめローンの利用で注意したいのは、虚偽の内容で申告しないことです。
年収を多く申告したり、職業や雇用形態を偽ったりするのはいけません。
怪しまれる行動をすると、電話連絡が必須とみなされて自宅に電話がくるケースもあります。

ローン商品の契約概要のページを見ると、原則として電話確認はありませんが、
場合によっては確認することもあると記載されていることが多いのです。
信用情報の確認が取れない場合など、融資にリスクを感じる申込者に関しては
自宅や職場連絡はしてくると考えましょう。
審査書類には絶対に虚偽の内容を入力してはいけません。

全額返済をめざしたおまとめローンの返済計画

おまとめローンを使えば返済が楽になるといわれますが、
これを利用してどのように返済計画を立てればよいでしょうか。
生活を立て直すための返済計画の見直しには2通りあります。

一つは毎月の返済額を減らすことです。
ほとんどのローン会社の返済ルールでは、一か月に最低でも
1万円、5千円とかを返しなさいという最低返済額が決まっています。
どこの会社も1万円だとすると、3社から10万円ずつ借りていたとしたら1か月に3万円は返さなければいけません。

しかし、おまとめローンで1本化すると1万円で済みます。
1月あたりの返済額が減る分、返済期間は長くなります。
しかし、家計は随分と楽になるのではないでしょうか。
返済額が減った分は、ボーナスが出たときに一括返済をしたり、
子供が独立してお金がかからなくなった後に返済額を増やしたりして調整して全額返済を目指します。

次の見直し方法は支払い総額を減らすことです。
ほとんどの場合はおまとめローンを組むと金利が安くなります。
そのため、支払い総額が減って返済期間も短くなります。
どちらの点を重視するかによって、借り方や返済方法が変わってきます。
これらのメリットを生かして自分のスタイルに合った返済計画を立てましょう。

おまとめローンのメリットは返済総額を小さく出来ることです

おまとめローンは現在利用している複数の借入を一つのローンにまとめることが可能です。
現在借入を行っている金利よりも低い金利で借り換えを行えば、その分利息負担を減らすことが出来ますし、
返済を月1回にまとめることが出来ますので手間も軽減することが出来ます。

おまとめローンの一番のメリットは返済負担を軽減させられることです。
おまとめローンを利用して借り換えを行う場合には毎月の返済額を抑えたいのか、
最終的な返済総額を少なくしたいのかによって、返済方法も異なってきます。

もし毎月の返済負担を抑えたい場合は、毎月の元本の返済額を低く設定する必要があります。
金利が低くなっただけでは毎月の返済負担は然程変わりませんので、
元本の返済額を抑えた返済方法を選択することが必要です。

おまとめローンで借り換えを行ったことによって
返済総額を減らしたい場合は、元本の返済額を下げないことが重要です。
借り換え前の元本返済額と同じ金額で返済をして行けば、金利が低くなった分の返済負担が軽減されます。

もし資金に余裕のある場合には、元本の返済額を借り換え前よりも高く設定して返済のスピードを上げれば
利息負担も軽減されますので、最終的な返済総額はより低くすることが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする